高崎市の不動産について|藤岡市の不動産ならランドマーク不動産へ
高崎市・藤岡市の不動産ならランドマーク不動産へ

既存住宅かし保険について

「既存住宅かし保険」の登録事業者となりました。

既存住宅かし保険では、
既存住宅の検査(必要な場合は改修工事)を行い、
5年間の瑕疵担保責任を補償します。
これにより、真に良質で安心な既存住宅の売買を提供いたします。

「お客様の安心」を第一と考え、登録事業者となりました。
当社販売のリフォーム住宅において、順次対応を予定して参ります。

既存住宅かし保険とは?
【参考】ハウスジーメンHP-宅建業者

既存住宅瑕疵保険って?

既存住宅売買かし保険は、中古住宅の検査と保証がセットになった保険制度です。
 住宅専門の保険会社(住宅瑕疵担保責任保険法人)が保険を引き受けます。


保険の対象保険責任
期間
対象住宅の構造耐力上主要な部分等の隠れた瑕疵に起因して、
【1】構造耐力上主要な部分が基本的な耐力性能を満たさない場合
【2】雨水の浸入を防止する部分が基本的な防水性能を満たさない場合
【3】給排水管路が通常有すべき性能または機能を満たさない場合
【4】給排水設備、電気設備またはガス設備の機能が失われた場合
5年間
または
2年間
対象リフォーム工事に由来する工事の目的物の瑕疵に起因して、
【5】リフォーム工事を実施した部分に著しい不具合が生じるなど、工事の目的物が社会通念上必要とされる性能を満たさない場合
1年間

(注)一般共同住宅の1の住戸を対象とする
保険契約(既存住宅かし保険(戸単位)宅建業者販売)の場合は、以下の部分は対象外です。
【3】の給排水管路のうち、管理組合が所有または管理する部分
【4】の給排水設備、電気設備およびガス設備

引用:(株)ハウスジーメン


詳しい情報は(株)ハウスジーメンのページをご覧頂くか、
メールでお問い合わせくださいね♪